石川県(金沢市・七尾市・羽咋市・野々市市・白山市・小松市)、福井県(福井市・坂井市・敦賀市)のスズキ正規ディーラーサイトです。

採用情報

採用教育活動 2019年度<営業職>夏のインターンシップ・2DAYSのご紹介!

皆さんこんにちは!採用担当の中村健一です。弊社のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

さて前回、「5DAYSインターンシップ」の実施内容を掲載しましたが、9月12日(火)~9月13日(水)・9月20日(水)~9月21日(木)のいずれも2日間、スズキアリーナ金沢にて「2DAYSインターンシップ」を行い、6名の学生皆様にご参加いただきました。

 

~プログラム内容~

1日目:営業部門職場体験

2日目:サービス部門職場体験

 

さっそく、営業部門職場体験からのご紹介です。

はじめに学生皆様、スズキってどういう会社かご存じですか?「車に関係する会社で、Sマークが目印で、う~ん...以上です」。

その通り!でも、それだけではなく、やはり歴史があり、現在があり、そして大きな未来があります。

そこで、まずはアイスブレイクも兼ねて、スズキの歴史や世界で親しまれるスズキについて、クイズ形式で学ぶことからスタート!

 

それでは問題です。

スズキは1909年に浜松で創業し、1920年に株式会社として法人設立いたしました。さて、もともと何を製造していた会社でしょうか?

A:機織り機 B:自転車 C:電気コンロ D:ハーモニカ

 

DSCF6864 DSCF7246

    さあ、みんなで考えよう!       それでは正解の札をどうぞ♪

 

正解はAの機織り機です!スズキは織機を作る会社としてスタート。創業者の鈴木道雄は、コツコツと自らが作り上げた織機の第一号機を母に贈ったそうです(スズキ歴史館資料より)。 ※ちなみにB、C、Dいずれもスズキがかつて製造販売したことがあるものです。

 

DSCF6863おめでとう!小道具(演出って大事だよね)

 

さて、クイズを通して緊張がほぐれた6名ですが、ここからは「スズキのものづくり」についてのペアワークを行いました。

 

DSCF6867 DSCF6868

  この紙をここに乗せてみようか?     となりのペアの出来栄えが気になります。

 

スズキは「小さなクルマ、大きな未来。」をスローガンに、お客様の求める小さなクルマづくり、地球環境にやさしい製品づくりに取り組んでおり、その製品をこの石川県・福井県のお客様にお届けすること。これが私たちスズキ自販北陸の担う役割であり、少なからずこのペアークで学生皆様にご理解いただけたら幸いです。

 

いよいよショールームでの応対実習とお客様宅への同行訪問実習ですが、その前に「お客様を迎える準備ができているか?」ここからがスタートです。身だしなみや笑顔、そして立ち方や座り方などを一緒に練習しました。

 

DSCF7263 DSCF6874

  おじぎは角度を意識しましょう!      違和感がある個所が改善点です!

 

カーディーラーはスーパーやコンビニなど、お客様が普段よく行かれるようなお店とは違い、足を運ぶ機会はそう多くありません。

特に初めてお店にご来店されるお客様は、不安や警戒心を持っているものです。こうしたお客様の心を和らげる応対が必要ですね。

 

DSCF6886 DSCF6946

お出迎えは駆け足で駐車場誘導しましょう。 ドリンクサービスはおもてなしの基本ですね。

 

DSCF6925 DSCF6968

本日ご来店予定のお客様を把握しましょう。 最近は軽自動車でも白ナンバーがあるんだよ。

 

大切なお客様とコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていくためには、そのお客様の情報が不可欠です。

お客様に関心を持ち、そのお客様のことをよく知るためにも、訪問活動は営業スタッフにとって欠かせないのです。

 

DSCF7280 DSCF7284

  先輩スタッフと同行訪問に出発!     帰社後はお客様との会話内容を入力しよう!

 

最後のワークはストロータワーづくりに挑戦です。

 

DSCF6988 DSCF6989 DSCF7289 DSCF6991

  ここを切って、  これを土台にすれば、 ジャジャジャーン♪  見事なタワーの完成! 

 

仕事は、計画(Plan)→実行(Do)→確認(Check)→改善(Action)の4つのステップ(PDCAサイクル)で流れています。このストロータワーづくりで、仕事の基本である計画と行動について楽しく学んでいただきました。

 

2日目はサービス部門職場体験。「走り、曲がり、止まる」を繰り返し、常に高温、高回転といった過酷な状況で働いているクルマ。整備部門の仕事内容やその技術、仕事の流れを理解することが、営業スタッフとしてお客様に「安心で快適なカーライフ」をご提供することにつながります。そこで、今回も6人にはスズキサービススタッフ伝統の作業着を準備。袖を通していただき、アフターフォローの重要性を身をもって体験しました。

 

DSCF6997 DSCF7212

めがねレンチやプライヤーって知ってる?  自動車の分解整備を行う場合、認証が必要!

 

そして責任者指導のもと、サービス工場でリフトなどを使用した整備を体験いただきました。営業スタッフは、エンジニアや整備士ではありませんので、専門的な知識や整備技術は必要ありませんが、基本的な自動車の構造や仕組みは、理解しておく必要があります。

最後はカーディーラースタッフ、基本中の基本!洗車をしていただき、ピカピカにしていただきました!

 

DSCF6998 DSCF7024 DSCF70356人とも、とても似合ってます!

 

DSCF7027 DSCF7227 DSCF7239ピカピカ☆ありがとうございます!

 

今回のインターンシップでお伝えできたことは、仕事の中のほんの一部にすぎません。それでも「営業部門職場体験」や「サービス部門職場体験」を通じて、仕事への理解が確実に深まったのではないでしょうか。

 

社会に出ると、実は「答え」の決まっていないもの、「正解」がないものがたくさんあります。これは、学生と社会人との大きな違いのひとつかもしれません。

ひとりでも多くのお客様にスズキのファンになっていただくため、どんなことをすればよいか。すべてのお客様から信頼をいただくため、どんなことをすればよいか。

これらにマニュアルなどはなく、やり方に「答え」はありません。「正解」がわからない中で自分たちで考え、行動する。この経験が今回のインターンシップで身についたならば幸いです(*^^)v

 

ご参加いただいた学生皆様、2日間ありがとうございました!

 

DSCF7020 DSCF7295 

  「S」マークと笑顔でパチリッ☆        修了証書と笑顔でパチリッ☆      

 

最後に… ここまで読んでくださった皆様、そして運営にご協力いただいたスタッフ皆様、ありがとうございました<(_ _)>